本文へスキップ

新しい視点で環境問題を実践する 彩の国環境大学修了生の会

事業部

2019年度の事業

令和元年度SAITAMA環境フェア&こどもエコフェスティバル参加(2020.1.29)
埼玉県環境政策課主催のイベントです。 当会では、どんぐりや葉っぱを使った工作や、手動鉄道模型・太陽光発電実験装置・自然やエコ風景の写真などを展示しました。詳細は下記報告書および案内ちらしを参照下さい。
日時  : 2019年12月7日(土) 11:00~16:00

場所  : 浦和コルソホール(浦和駅西口CORSO 7階)

※詳細は報告書を参照下さい。
※こちらの案内チラシも参照下さい。


「彩の国環境大学修了生フォローアップ研修」協力参加

埼玉県環境科学国際センター主催。 
開催日時 :2020年1月25日(土)13:30~16:00
会場   :環境科学国際センター(加須市上種足914)

プログラム:
 第1部 講演「環境学習に於けるコミュニケーション」
  センター大気環境担当専門研究員 長谷川 就一氏
*地域社会やコミュニティの中で、環境問題を学ぶ機会の企画や問題を分かり易く伝えるポイントについて実践事例を交えて紹介して頂く。
 第2部 講演「クリーンエネルギー・省エネの推進~環境家計簿への取組~」
  当会地球温暖化防止部会元部会長  木下不二男氏
*長年継続しての”クリーンエネルギー・省エネ活動”を含め、着実なCO2削減対策を紹介。

第18回 With You さいたま フェスティバル展示&ワークショップ

埼玉県男女共同参画推進センター主催。 
開催期間:2020年2月7日(金)~9日(日)

場所  :With Youさいたま

     3F 当会活動ポスター等展示(2月7日~9日)  
     4F 視聴覚セミナー室(当会ワークショップ会場)

当会ワークショップ:
 ・開催日時 2月8日 12:00~ 13:30
 ・テーマ  地球温暖化と家庭のエコ
 ・内容   「驚異の地球温暖化」映像と家庭のエコについて講演
 ・講演者  当会理事 田中耕司氏(埼玉県地球温暖化防止活動推進員)

※ワークショップ参加者26名、 展示ブース立寄り88名(3日間)

※詳細はこちらのちらしを参照下さい。


2019年度 見学会『宿場町越谷の史跡に触れ歩いて感じよう』

・日時   2019年10月5日(土) 集合9:30~ 解散12:35
・散策ポイント:旧日光街道沿いの宿場町と越谷の史跡に触れる散策コースで、かつては、日光街道起点の日本橋から         3番目の宿場町として栄えた街並みを散策した
・コース:越谷駅東口集合~①日光街道越谷宿~②越谷御殿跡~③建長の板碑~④天嶽寺~⑤越谷久伊豆神社~⑥元       荒川土手遊歩道~越谷市中央市民会館
・概要:宿場町越谷の史跡と町並みは思っていた以上に歴史があり素晴らしく特に「歴史のある植木屋人形店、天嶽寺の天皇と将軍の関わり、久伊豆神社の参道・歴史の藤棚・威厳の有る本殿等」引率案内の柴田さんの名ガイドも有り、とても勉強になり良かった。(参加者22名)
※参考にこちらの案内チラシをご覧ください。


2019年度 出前講座
・日時 2019年10月5日(土) 13:20~16:05
・場所 越谷市中央市民会館5F 第7会議室 
講演Ⅰ「子供の貧困って? ~貧困の連鎖を断ち切るために、社会全体で子供を育てる~」
                   埼玉県少子政策課 子供の未来担当主幹 大山 典宏
概要:日本の子どもの相対的貧困率は13.9% 実に日本の子ども約7人に1人(約280万人)が貧困状態だという。先進国34か国中、10番目に高い数字。統計や実例等で、子どもの貧困や埼玉県に於ける貧困対策の取組み状況について講演して頂いた。

講座Ⅱ「安全・安心で美味しい、埼玉県の米づくり」
                   埼玉県農林部生産振興課主穀担当副課長 中里 和重氏
概要:日本の美味しい米づくりにも温暖化(夏季の高温化で品質低下)影響、日本歴代国内最高気温を記録している埼玉で、新潟のコシヒカリに負けない埼玉の米づくりの特徴と美味しく病害虫にも強い県オリジナル品種「彩のかがやき」や「彩のきずな」等、「埼玉生まれ、埼玉育ちのお米」ついて、又、補足で米以外の農産物の県の取組み状況も紹介して頂いた。
(参加人数:15名)

2018年度の事業

20周年記念「北野 大氏 環境講演会」&式典開催
彩の国環境大学修了生の会では、2018年で丁度、設立から20周年を迎えました。その環境活動を更に進める為、下記20周年事業を企画し、会員だけでなく、広く埼玉県民に呼掛け開催しました。
・開催日時:2018年7月14日 13:20~ 18:00
・開催場所:With Youさいたま 視聴覚セミナー室etc
     
・環境講演会テーマ:「化学物質のリスク評価~データの取得と解釈~」 
          秋草学園短期大学 学長 北野 大 氏
・20周年記念式典&講演
   ・・・式典終了後、会費制での簡単な懇親会を行いました。
 ①畠山 史郎 環境科学国際センター総長
 ②矢島 謙司 埼玉県環境部環境政策課長
 ③新木 壽三雄 彩の国環境大学修了生の会 歴代会長の代表


2017年度の事業

第8回低炭素まちづくりフォーラムin埼玉への参加を終えて(報告:小林 光春)
 低炭素まちづくりフォーラムへは彩の国環境大学修了生の会として、低炭素社会の実現に向けてのワークショップやパネルディスカッションを通じて交流し、色々な問題や課題を発見し今後の取組みに繋げる為、毎年、運営委員として具体的には主要分科会を主催して参加しています。 今年度は下記日時に開催し参加致しました。 前年より多くの参加者を得てとても好評でした。
 ・開催日時:2017年12月2日(土曜日) 10時00分~16時30分
 ・開催場所:獨協大学 天野貞祐記念館、創立50周年記念館 東武スカイツリーライン獨協大学前駅 徒歩5分
 ・開会での来賓挨拶:中川 雅治 環境大臣「環境と財政について」
 ・基調講演:「エコーツーリズム 心おどる里山の旅」 
          犬井 正氏 獨協大学学長・経済学部国際環境経済学科教授
 ・分科会13:00~16:30「6つの分科会+1オプション分科会を各教室ごとに開催実施」
 ・フォーラム終えて:埼玉県、草加市、獨協大学や多くの環境団体の協力を得て前年より盛況に終わる事が出来ました

結果報告:
【参加人数】現在集計中だが午前・午後での参加数493人(前年426人)
 ・内訳:フォーラム基調講演(207人)分科会:パリクラブ21埼玉(44人)緑と農(48人)川の国再生(35人)
     生物多様性(34人)大学連携(34人)学生(15人)
【中川 雅治 環境大臣の挨拶15分】    家庭の省エネ(66人)その他関係者(13人)
 ・フォーラムへの大臣参加は初めてで急遽決まったの事でも有り、事務局関係者は有り難くも慌ただしい対応となっ
  た。
  話の内容は環境大臣だが本人が大蔵省(財務省)出身でもあり、環境と経済及び国の財政へと及び中々良かった。
【犬井 正 獨協大学学長の基調講演 10:30~11:45 】
 ・テーマ:「エコーツーリズム 心おどる里山の旅」
  犬井学長は人間と自然の関係を考察する地理学を専門だが、特に飯能市でのエコツーリズムの地道な実践的な取組を
  紹介されたが自然環境を含めた地域資源管理には行政と地域が一体での取り組みが必要だと
【第8回 フォーラム全体を通して】
 ・参加者は午前午後を通して493人(前年426人)と多くの参加を得て事務局関係者安堵
 ・ただ開始の記念ホールでの中川環境大臣の挨拶時はセキュリティ対策で10時ジャストに
  ホール入室禁止で多くの学生が参加出来ず残念だった。
 ・分科会:川の国では地元草加の小学生と中学生が飛び入りで参加10min(綾瀬川の塩化銅廃液流出事故と生態系への
  影響)被害貝の持参での内容・姿勢等立派で感心した
 ・日程的に会としては2つの行事が重なり心配したが結果的には両方とも・良かったです

 中川環境大臣の挨拶

 川の国分科会での講演風景
(小中学生も参加)



2015年度の事業

平成27年度第2回例会
 日時:2015年12月5日(土) 13:00~17:00
 場所:岩槻駅東口コミュニティーセンター
    会議室ABC (岩槻駅徒歩1分)
 内容:
  司会 総務部長 雨宮昌夫
  13:00~13:05 横山完爾会長挨拶
  活動報告         
   ①13:05~14:00  各部活動紹介(温暖化防止・化学物質・生活資源・自然教育)         
   ②14:00~15:00  総務・事業部・編集・HP・会計
   ③質疑応答        
   ④新入会者歓迎懇親会(会長歓迎の挨拶乾杯・自己紹介・歓談)
 

「平成27年度 公開講演会」

彩の国環境大学修了生の会では、下記のとおり公開講演会を開催しました。今回の講演は何れも女性研究者です。
会員以外の一般の方にも参加募集しました。
1.日 時:2015年11月21日(土) 13:30~16:50
2.場 所:With Youさいたま 視聴覚室 
3.内 容:
  ・講演Ⅰ 「バイオマス・ショア構想(エネルギーと新産業創生)」
       東京大学生物生産工学研究センター
        特任准教授 倉橋みどり氏
  ・講演Ⅱ 「身近な環境・土って何だろう
       ~2015年度は国連が定めた国際土壌年~」
       埼玉県立川の博物館 学芸員 森 圭子氏

※参考にこちらの案内チラシをご覧ください。

2014年度の事業

掲載:7月9日
見学会『朝霞浄水場と武蔵野台地の臨済宗の古刹 平林寺を訪ねて』
■見学会趣旨
2012年5月に利根川水系の浄水場に於いてホルムアルデヒドが水質基準を超えて検出され広範囲で取水停止や断水が発生する水質事故が発生したその原因物質はホルムアルデヒドそのものでなく塩素と反応してホルムアルデヒドを生成するヘキサメチレンテトラミン(HMT)で有った その辺の最新対応の浄水場と武蔵野の緑の雰囲気を残す関東の古刹を地元のボランティアガイド引率にて散策を行う
■見学会概要
(1)朝霞浄水場:東京都水道局が管理する11の浄水場で最大の浄水場
利根川系水道事業の拡張事業の一環として1966年(昭和41年)に竣工した日本第2位の施設能力170万m3/日を誇る大規模浄水場。利根川・荒川の水を秋ヶ瀬取水堰から取水している。河川に於ける原水水質の課題としてトリハロメタン等のかび臭原因物質や陰イオン界面活性剤、消毒副生成物等の様々な水質問題対応としてH16年11月からは既にオゾン処理+生物活性炭 処理の高度浄水処理システムを導入している。又、利根川・荒川の水と多摩川の水を相互に利用出来る様に、東村山浄水場との間には原水連絡管を設置し、利根川・荒川の水も多摩川の水も利用出来るようになっている。
(2)平林寺:新座市野火止に在る臨済宗のお寺で境内林は『国指定天然記念物』
武蔵野・野火止台地13万坪に拡がる広大な境内で総門・山門・仏殿や川越城主(徳川家康から知恵伊豆と言われた)松平信綱夫妻の墓といった数々の県指定文化財と国指定天然記念物の境内林を有する平林寺は禅修行の専門道場を持つ関東の代表的な臨済宗妙心寺系の禅刹。平林寺の寺域はとても広く 境内林は約43ヘクタール有り、1周約2.5km木漏れ日を浴びながら貴重な植生や歴史ある建物を眺めて、地元のボランティアの協力・引率を得ておよそ1時間30分の楽しい散策を行いたい
■当日(2014年8月27日)の行程
  ・9:40 JR武蔵野線「北朝霞駅」西口集合
  ・9:50 北朝霞駅西口より700m徒歩8min「朝霞浄水場」玄関着
  ・10:00~12:00  浄水場見学 
           内訳「会議室でパワーポイント等での紹介・説明:1時間」&「現地の水処理施設の見学:1時間」
  ・12:00~12:40 移動 「朝霞浄水場」⇒「平林寺」
  ・12:40~13:20 平林寺前or界隈にて名物うどん等で昼食
  ・13:30~15:00 「平林寺境内を見学:入山料@500円」
     *地元、新座市の観光ボランティアガイドに説明して頂く
  ・15:00  「平林寺 総門前」にて解散
 


2013年度の事業

掲載:7月18日
見学会『首都圏外郭放水路と重松川を愛する会の環境保全活動』
●実施日:2013年9月11日(水)12:30(集合)~ 17:00(解散)
●概要

(1) 首都圏外郭放水路&地底探検ミュージアム「龍Q館」:国土交通省管轄
慢性的な浸水地帯である埼玉県東部地域の浸水被害を軽減することを目的に中川・倉松川・大落古利根川等の洪水の一部を江戸川に放流するために、国道16号線の地下50m、総延長6.3Kmの世界最大級の地下放水路。地下の「パルテノン神殿」といわれる。平成18年6月完成(14年から一部稼働)。 
(2) 倉松川を愛する会の環境保全活動:会長 内山 裕幸様
ゴミ捨て場と化していた倉松川の再生をと平成17年4月に発足。現在会員23名で毎月第3土曜日に川の美化・清掃、草刈 を中心に活動。中川の河川工事予定地に偶然、ジャコウアゲハが飛んでいるのを発見し、その土手に幼虫の食草で自然 増殖が困難なウマノスズクサが生えているのを確認、県等の関係機関と話合い、倉松川に移植して保護・育成活動 に取組む。現在多くのジャコウアゲハ等27種類の蝶を倉松川で確認し、地元の牛島小学校の児童を対象に蝶の標本作り や自然環境教育を実施し、特に生物多様性についての識見が高い。また、春日部市の環境関係委員となり多くの講演を実施するなど環境活動に貢献している。 


●当日の工程

12:30 東武野田線「南桜井駅」北口ロータリー集合
*バス便数も有るので当日参加会員の車にて乗り合わせで行動 
12:50 地底探検ミュージアム「龍Q館」駐車場着 
13:00~14:30 「龍Q館」&「首都圏外郭地下放水路」見学
14:35~14:50 車で移動 「龍Q館」⇒「春日部市 幸松公民館」
15:00~16:40 「倉松川を愛する会」活動状況・講演会及び現地研修
*状況・講演等ではプロジェクター使用・説明して頂く
16:45~17:00 車で移動 「公民館」⇒「春日部駅」東口にて解散 


2013年度 出前講座
 彩の国環境大学修了生の会では、例年、環境に関する分かり易いテーマを設定した出前講座を開催し、広く埼玉県民一般に公開していますが、本年度は下記日時に開催しました。。
 ・開催日時:2013年12月14日(土曜日) 13時30分~16時50分
 ・開催場所:岩槻駅東口コミュニティ-センター多目的ルームC室
 ・講演内容:①「土壌汚染と植物による修復」
       環境科学国際センター自然環境担当 専門研究員 王 効挙氏
       ②「光触媒って何?(その作用と特徴)」
       環境科学国際センター大気環境担当 専門研究員 米持 真一氏
       ③「アライグマと侵略的外来生物が及ぼす影響とその対策」
       埼玉県みどり自然課 野生生物担当 益岡 奈津樹氏



2012年度の実施事業

7月28日 第一回例会
会場:田島公民館(さいたま市) 参加者 23名 
事例発表
1.行幸湖における水質浄化等の環境取組について
  さって市民環境ネット会長 本田 宏氏(当会会員番号141) 
  環境オタクにならず、アンテナを高く上げ、アイデアを貯めて、企画を練り上げ、タイミ  ングをじっと待つ、市民環境団体の活動の進め方について指針になるお話でした。
2.「なごみ農園」での生ごみ減量化の取組について
  NPO法人食品リサイクル農園あさか 代表理事 野口 久美子氏(当会会員番号176)
  活動を通して環境、農業、生物多様性、食の問題等を考える、地道な活動のお話に感動し  ました。
3.私のエコライフについて
  地球温暖化防止部会長 安田 信一氏(当会会員番号225)
  「モッタイナイ」の心と「環境を買うこと」が、浪費しない生活スタイルの実現に有効で  ある事を示唆した。
終了後、茶菓による懇親会を行い、3名の講師を交えて歓談と情報交換等 の有意義な時間を持つことが出来た。 

8月20日
「越谷レイクタウン」環境共生視察
「水辺のまちづくり館」及びタウン内施設 参加者 23名
越谷レイクタウンは、昭和63年に土地整理事業と河川整備事業を併せ持って構想された現在進行中の事業です。面積225.6ha(東京ドーム 50個分)、人口22,400人、総事業費 900億円。
住宅用地、一般住宅用地、商業施設、公共施設を配置し、便利で、アクセスが優れ、安らぎのまち「親水文化創造都市」建設中で、平成 26年度完成を目指している。
大相模調節池は、 120万?.(最大水深5m)の容量を持ち洪水被害の軽減を目的に建設され、現在ビオトープ、浮島、親水公園として活用している。
その他にゴミ削減 3Rの推進、市民参加型の環境活動、商業施設の太陽光発電の活用、集合住宅の太陽熱利用等、「水辺のまちづくり館」の地中熱利用や自然風を利用した施設の配置などの補足説明を受けた。
現地視察は、調節池の現状と課題、住宅地の今後、整備が始まったという南部の今後実施計画等の説明を受けながら暑い中を回り、最後はクーラーの効いた大型商業施設内のエコ設備を見て回った。大型商業施設内は、外光を積極的に取り入れた回廊を大勢の客を掻き分けながら歩き、屋根の太陽光発電、壁面緑化、電気自動車充電ステーション、ミストによる冷気の噴出、エコ状況パネル、エコビジターコーナーなどを見て回った。
最後にビジターコーナーで、当会石井事業部長から、ご案内いただいたUR都市機構へお礼を申し上げ、解散をした。 予定の1時間半を 1時間も超えた視察となった。暑い中、長距離の移動を伴う視察でした、参加された方々に感謝します。




2011年度の実施事業


1月28日 
彩の国環境大学修了生の会 公開講演会
会 場 WithYouさいたま 視聴覚室 
参加者 44名(会員 30名、一般参加 14名)
講演内容
※講演Ⅰ テーマ 「地球は持続できるか」
 講 師 埼玉大学大学院理工学研究科生命科学部門 大西純一教授
 地球環境史から考える人類の現在と将来」と題し、人間(人類)は人間のシステム上での持 続が可能かの問い(1万年後に人類は存在するかYes:16、No:26)から始まった。
 1 リスクを社会として受け入れる受容度
 2 生物間依存と人類
 3 地球環境史上における人類の活動
 4 生物界に収まらない人類の活動
 5 新たな資源の開発とフロンティア
 6 人類の出現と進化
 再度最初の質問をされ、Yesが少なくなったが、「社会システムの基本原理として子供を大 事にする母性的価値を重要視し、太陽系を視野に入れたエネルギーの利用を考えて1万年後 も存在したい」と結論された。

※講演Ⅱ テーマ 「バリューチェーンを通じた富士ゼロックスのCSR活動」 
 講 師  富士ゼロックス株式会社 前多陽子氏
 富士ゼロックスの地域とのつながり-対応-を紹介された。
 1 グローバル化
   環境課題や社会課題の存在が認識されるようになり、国の規制と共に企業に期       待されるものが大きくなっている
 2 目指すこと
   生産を中国で80%以上、従業員は約40%を日本人以外、売上は40%を海外で       としている。
 3 取組
   CSR調達は、児童労働、強制労働、長時間労働、セクハラなどに配慮しなけれ       ばならないため、考え方から初め、現在はチェックリストの導入や二次取引先       への波及と成果を上げてきた。特に従業員支援プログラムでは、二十歳以下の       従業員の多さの中で3か年教育計画の実施により離職や労働災害が減っている       ことを紹介された。
 4 レポート
   Sustainability Report 2011の解説
 5 東日本大震災支援
   初期の活動から継続的活動と力強い支援を紹介された。

12月9日 
「彩の国資源循環工場」見学会
埼玉県環境整備センター(寄居町) 参加者 15名
埼玉県環境整備センター係員による「彩の国自然循環工場」の全体的な概要説明の後、オリックス資源循環(株)、(株)エコ計画、(株)環境サービスの各工場を係員の説明を受けながら視察した。
*オリックス資源循環(株)―サーマルリサイクル― 埼玉県のPFI事業に「ガス化改質方式」を採用し廃棄物は200℃で溶融を行い、ガス・メタル・スラグ等に変換して完全再資源化し、得られたガスの燃焼による発電もおこなっている。
*(株)エコ計画―総合リサイクル― 多種類の廃棄物を受け入れ、有機肥料化、汚泥原料 化、廃電子機器リサイクル、固形燃料化、熱利用の総合リサイクルを行っている。
*(株)環境サービス―RPFリサイクル―  廃プラスチック処理施設と堆肥化施設を併設し 、廃プラスチックのマテリアルリサイクルとRPFの製造、生ごみと動植物性残さを原料とす る堆肥の製造を行っている

11月19日 
県政出前講座
さいたま市立本太公民館 参加者 15名
*第一講座「埼玉県の大気環境」 埼玉県環境科学国際センター 竹内研究員
  大気環境問題の変遷と県下の特徴的な大気環境現象、光化学スモッグ汚染は特に深刻であ  る、大気汚染物質の発生機構、濃度推移について。
*第二講座 「私たちの生活と化学物質」埼玉県環境科学国際センター 野尻研究員
  化学物質は生活を豊かにし健康で快適な生活にかかせないものになっているが一方で環境  汚染も明らかになっている。難分解性化学物質による環境汚染、環境ホルモン問題、    PRTR制度により把握された大量排出物質が環境に及ぼす影響について。

10月30日 
「第2回低炭素まちづくりフォーラムin埼玉」
会場 大宮ソニックシテイ市民ホール  彩の国環境大学修了生の会として参加
*午前*地球温暖化防止地域セミナー基調講演
     「日本人はゾウ並みのエネルギーを使うか」 
    講師:本川 達雄氏(東京工業大学大学院生命理工学研究科生体システム専攻教授)
*午後*「第二回低炭素まちづくりフォーラムin埼玉」
   低炭素社会の実現に向けて、4つの分科会(自然エネルギー分科会:51名参加、深   夜  化するライフスタイルの見直し分科会:43名参加、生物多様性分科会47名参加、くらしの  エコ分科会50名参加)がワークショップやパネルヂスカッションを通じ、現代のライフス  タイルを見直すと共に問題や課題を見つけ今後の活動につなげる。

8月18日 
視察船「新東京丸」による東京湾の環境視察 
参加者 208名
「新東京丸」に乗船し、約1時間30分にわたり東京都港湾局の係員より首都圏における物資の流通を円滑にするための、ふ頭や倉庫、橋や道路の整備状況、ふ頭の再開発や広大な埋め立て地の開発状況などを教えてもらいながらの環境視察を行った。
首都圏における物流拠点としての規模の大きさに驚くと共に―廃棄物処分場が少なくなっている事にも改めて危機感を感じた(その1西側、その2東側・・の残りの容量が少なくなったので平成8年8月より、より沖合の新海面処分場8,480haの整備を開始した。(東京港内に確保できる最後の処分場との事) これから国民一人一人がそれぞれの立場で循環型社会対応を考え、廃棄物などのより一層の減量化、資源化を図り、色々な点からサスティナビリティ(社会の持続可能性)を求めていく必要がある事を痛感した。

彩の国環境大学修了生の会

〒 350-1232
日高市中鹿山444-12
TEL 042-985-3760