本文へスキップ

新しい視点で環境問題を実践する 彩の国環境大学修了生の会

地球温暖化防止部会 

活動の趣旨

 宇宙から見る青い地球はたとえようのない美しさと生命の宿る星です。
 しかし、人類が産業革命以来地球の収容力を考えることなく自らの欲望を満たすために行動し続けた結果、地球温暖化を始めとする様々な地球環境問題が顕在化しています。
 今こそ、私たち一人ひとりが地球温暖化を共に考え、その解決に向けて取り組みましょう。
 今すぐ行動すれば、将来の人類に美しく豊かな地球を手渡すことが可能と考えています。
 地球温暖化を防止するために、まずは私たち一人ひとりが取り組みを積み重ね、地球温暖化に関する的確な情報を共有し、温室効果ガス排出量(CO2)を削減するライフスタイルに変革することが必要だと考えます。
 皆さん,一緒に取り組みましょう。


2020年度活動

『かけがえのない地球を未来の世代に』チラシ発行 (2020.12.31)
広く多くの方々に地球温暖化危機について知っていただき、その対策としてのエコライフを実践していただくためのチラシを作成しました。A4版両面1枚となっています。チラシを配布いただける方には郵送致しますので必要部数・送付先を担当の松島までEメールにてご連絡願います。
Eメールアドレス:ammat2852n@yahoo.co.jp
※チラシはこちらをご覧下さい

冬の見学会『CESS展示館見学』報告 
(2020.12.15)

今年7月にリニューアルオープンした埼玉県環境科学国際センター(CESS)展示館を見学しました。目玉は視界を覆いつく巨大な映像シアターで、地球温暖化による世界で起きている自然破壊やプラスチック等の廃棄による生物被害などが映されています。その他、埼玉県の魚「ムサシトミヨ」の展示から始まり、世界のこどもたちの環境ポスター、レイチェル・カーソンなど著名人の環境名言集、ゴミタワー(1家族の1年間の平均のごみの量を表示)、東京湾の砂浜で採取したマイクロプラスチック、エコハウスのモデル、照明・TVの稼働に転換させるアスリートジムなど興味深いものがいろいろと展示されています。 個人でじっくり観られるのも勉強になると思いますし、見学会として一般の方々に観ていただくのもよい体験学習になると思います。今後も有効に利用させていただくように計画したいと思います。
実施日時:2020年11月23日(月・祝日) 10時〜11時
参加者 :8名

※展示館についての詳細はこちらをご覧下さい


第5回 エコ風景写真コンテスト結果報告
(2020.10.6)
                       地球温暖化防止部会 部会長 加藤 清
会員の皆様から14点の写真をお寄せいただきました。 ご参加ありがとうございました。
(応募期間:2020年7月15日〜9月15日)


会長賞「暑いぞ!大宮氷川参道を歩く」」

優秀賞「田んぼの草取りと生き物観察中の保育園児たち」

佳作賞「高層マンションの壁面緑化1」
 
朝のラジオ体操
 
「魚取り」
 
暑い夏セミ取り
 
土手滑り
 
さいたま古墳と虹の風景
 
25年経ってビルが森になった(1/2)
 
25年経ってビルが森になった(2/2)
 
田んぼのある風景1
 
田んぼのある風景2
 
テッポウユリ
 
大宮氷川参道を歩く
 
高層マンションに壁面緑化2
 


『かけがえのない地球を未来の世代に』レポート紹介 (2020.7.18)
地球温暖化による気候災害について、様々な文献からまとめたレポートです。
※詳細はこちらをご覧下さい

4月度学習会 『10年平均で見た日本の平均気温推移と気象災害』
(2020.4.28)

4月度定例部会はEメール交信による開催となりました。通常部会内で行われる学習会もン本レポートをEメール配信しました。近年平均気温が顕著に上昇していたり、災害頻度が増加している傾向が報告されています。
※詳細はこちらをご覧下さい




2019年度活動
出前講座『川口市安行某町内会で地球温暖化防止講演会』実施(2020.5.6)
2020年3月1日に、当部会員である田中耕司氏が、地元町内会の役員会で講演会を実施。40分に渡り真剣に聞いていただき、本町内会の回覧板にも二酸化炭素の削減方法に関する記事を掲載していただきました。今後も会員それぞれが住んでいる地域でこのように地味ではあるが、確実に話せる場、伝えることのできる場を作り活動することが環境改善には有意義なことと考えております。
講演テーマ:「地球温暖化の現状とこれから私たちは何をしなければならないか」
配布物:今日からできるMY COOL CHOICE(https://www.kannet-sai.org/tool/files/mycoolchoice.pdf)など
参加者 :74名

『2019年 我が家のエネルギー家計簿』集計報告

当部会では、毎年各家庭でのCO2排出量の「見える化」を行うことで、その削減対策の実施・評価に役立たせています。今回は13名に参加いただき世帯平均のCO2排出量の最低値を更新することができました(約2.6ton/世帯)。ご協力ありがとうございます。 CO2排出削減に貢献された方々の対策を以下に特記します。
@太陽光発電の利用 A電化上手(エコキュート;東京電力)の活用 B電気自動車への買い替え C自動車通勤から電車への変更 D「グリーン電力証書」の利用 E節電や節水の徹底など
IPCCの『1.5℃特別報告書』(2018年)では「2030年までにCO2排出量を45%削減され、2050年頃には正味ゼロに達する必要がある。」とのことで、それに従えば2030年までに約2.5ton/世帯以下にしなければなりません(2017年度国内の家庭でのCO2排出量約4.48ton/世帯)。 本活動に一人でも多くの方が参加されCO2排出削減をアピールできるよう願っております。よろしくご協力願います。 本シートのエクセル版のご要求やお問合せは、担当の松島(Email: ammat2852n@yahoo.co.jp)までご連絡下さい。
※詳細データはこちらをご覧下さい。

※シートはこちらをご参照下さい。

2019年度 冬の見学会『板橋区立リサイクルプラザおよび浮間公園の野鳥』 報告
板橋区のびん・リサイクル工場を見学し環境への取り組みを学ぶと共に、野鳥が多く飛来する浮間公園で自然観察を行いました。
日時   :2020年1月23日(木)9時〜12時
見学コース:JR埼京線 浮間舟渡駅ー浮間公園ー荒川堤防ー板橋区立リサイクルプラザー浮間舟渡駅前
※詳細はこちらをご覧下さい。

第4回 エコ風景写真コンテスト結果報告

                       地球温暖化防止部会 部会長 加藤 清
会員の皆様から20点の写真をお寄せいただきました。 ご参加ありがとうございました。
(応募期間:2019年7月15日〜9月15日)


会長賞「保育園児のザリガニ駆除」

優秀賞「蓮田まつりのゴミ分別」

佳作賞「ハルジオンとベニシジミ」
 
佳作賞「我が家のグリーンカーテン」

佳作賞「百年の森下草刈前」

 ⇒「百年の森下草刈後」

 
アサガオの育成
 アオサギ  
オオヨシキリ
 
蓮田祭ゴミ分別キチンとポイ
 
蓮田祭どこへ捨てればいいの?
 
団地の七夕まつり
 
緑鮮やかなビオトープ
 
我が家にカブトムシが飛んできた
 
おおやまサマーフェスタ
 
上尾サクラソウ自生地にて
 
大宮駅前にてエコ宣伝
 
見沼田んぼ自然観察会
 
吹上太陽光発電
 
エコトイレ水消費半分以下

 



2019夏の見学会
『クリーンセンター大崎および植物園・民家園めぐり』

強い雨が降りしきるあいにくの天気でしたが、和気あいあいと見学しました。
実施日:2019年7月4日、参加者10名

1.クリーンセンター大崎(さいたま市)

家庭から排出されるごみを処理しており、焼却炉は150トン/日能力が3基あります。
年間11万トン(1日約300トン)の可燃物を処理しているとのこと。

ごみピットに投入されたプラスチック類とそれ以外をクレーンでしきりに混ぜ合わせていました。
燃焼性を均一にする重要な作業とのこと。 その後投入ホッパーに投入され徐々に燃焼熱を利用して乾燥させながら焼却されていました。 燃焼温度は850℃〜1000℃でダイオキシンを発生させず熱効率を下げない温度範囲とのことです。 発生させた蒸気でタービン発電や場外施設(植物園温室や見沼ヘルシーランド温水プール)などに有効利用されていました。 ばいじんや有毒ガスの除去も適正におこなわれているとのことです。 整備が行き届いたきれいな工場の印象を受けました。

2.大崎園芸植物園
 大温室にオオギバショウというマダガスル原産の高さ10mほどの巨大葉っぱ?(左写真)に驚きました。
 マダガスカルでは焼畑農業などが原因で森林の90%が消失され、2025年には全滅と予測されています。悲しいことです。
他にバナナやアボガド・パパイヤなどが観られました。







3.浦和くらしの博物館 民家園
 江戸時代から大正時代に建築された建物が7棟あり、農家・商店・倉庫などさまざまです。
昔は、電気や石油・上下水道もなく、身近な木や水を大切に使っていました。 プラスチック容器もなく、ごみはほとんど発生しなかったと思います。 これが“理想”の地球にやさしい生活でしょう。
参加者からこどもの頃の話がたくさん出て、盛り上がりました。

4. おわりに
 ごみ焼却設備でも熱の有効利用はなされていますが、究極はごみゼロ目標です。 昔の生活は今のくらしからみれば大変不便に映りますが、二酸化炭素排出削減を考えれば大いに見習うべきかと思いました。
今回、さまざまな観点から、環境について学ぶことができたと思います。

                  



彩の国環境大学修了生会

〒354-0041
入間郡三芳町藤久保855-67
原 芳彦

 

newpage17.htmlへのリンク

newpage19.htmlへのリンク

newpage22.htmlへのリンク

newpage19.htmlへのリンク